ドイツ語圏
No.K-3 作曲家 (アイゼナッハ、ライプツィヒ)2014・2015年
Nr.K-3 Der Komponist in Eisenach und Leipzig im Jahre 2014 und 2015.

■J・S・バッハ 1685年3月31日―1750年7月28日 撮影= Eisenach 、アイゼナッハ
 Johann Sebastian Bach

Eisenach は DB (Deutsche Bahn) の駅に「Geburtsstadt」と表示されるほど、J・S・バッハ生誕の地として有名である。

生誕の家は現在は建て替わっており現存しないので、その辺りと思われる路地を撮影した(上から3枚目写真)。なお銅像の立っているフラウエン広場の横には「バッハ博物館」があるが、そこは幼少の頃に過した家ということである(上1枚目と2枚目写真)。


■メンデルスゾーン 1809年2月3日 - 1847年11月4日日 撮影= Leipzig 、ライプツィヒ
 Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy

メンデルスゾーン作曲の序曲「フィンガルの洞窟」、交響曲第三番「スコットランド」は、拙者がクラシック音楽を聴き始めた当初の1970年代前半期に買ったLP だ。指揮者はカラヤン。流麗で抒情的なメロディーを哀愁たっぷりに美しく指揮するのは、カラヤンならではであった。

ライプツィヒ・ゲバントハウス管弦楽団の本拠地であるホールから直線距離で約300mという近くに、メンデルスゾーンが住みそして死去した家が残っている。1835年にゲバントハウス管弦楽団の指揮者に就任しているから、ホールが当時もその場所であったなら、極めて職場に近い所に住居を定めていたということになる。メンデルスゾーンのライプツィヒとの結びつきは深い。前記したように当地のオーケストラの指揮者になっていただけでなく、ライプツィヒの音楽の発展のために1843年にはライプツィヒ音楽院(現フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ音楽演劇大学ライプツィヒ)を開院している。死去は添付写真の家で没している。現在はメンデルスゾーン博物館として公開されており、ニ階への階段は1844年の建築当時のままだという。1845〜1847年に暮らした住居は、当時のままが忠実に再現されている。そしてデスマスクや遺髪も展示されている。デスマスクというのは即物的で抵抗感があるが、3Dで実物大のお顔を知るのには参考になる。


■ハインリッヒ・マルシュナー 1795年8月16日―1861年12月14日
 Heinrich August Marschner

銘板には
「1827−1828 (中略) Heinrich Marschner
Hier vollendete er seine Oper Der Vampyr 」
と書かれていた。オペラ「吸血鬼」を完成させた家ということになる。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2015-05-21