ドイツ語圏
No.10  Die Preßnitztalbahn 〜 プレス二ツタールバーン im Jahre 2014/2015

DR(Deutche Reichsbahn)の懐かしいプレートを付けた機関車にロゴの書かれた客車が特定日に走る同鉄道は、国鉄としては1986年の廃止された。その2年後の1988年に保存鉄道として復活した。運転は列車一本が往復する運転日は一日4往復だが、年末年始はFahren zum Jahreswechselと称して12月27日から1月4日までは8〜9往復が2列車体制で運転される。私が訪れた日は一本がMeyer の牽引で、もう一本は C タンクによって運転されていた。運転区間8Kmの処を2本が走るから、ほとんど30分に一本が来るという忙しさゆえ嬉しい悲鳴である。

勾配はJöhstadt (イェーシュタット)に向かって片勾配で、そちらが正面向きで運転される。機関車はバック運転で坂を下るように Steinbach(シュタインバッハ) に向かう。2列車運転の時は丁度中間になる Schmalzgrube(シュマルツグルべ) で列車交換が行われる。

ロケーションも車両も魅力的だが、アクセスし難い場所にある。レンタカーも考えたがウインタースポーツの盛んな土地柄ゆえ慣れない右側走行で雪道を走る不安から、タクシーで頼んだ。Chemnitz (ケムニッツ) から Annnaberg-Buchholz sud (アンナベルク・ブーフホルツ・ジュト) までは DB の RB で移動。 その駅まで予約しておいたタクシーに迎えに来てもらった。駅前に待機しているタクシーも売店も無い無人駅なので、事前にタクシーを依頼した方が効率良く活動できるはずだ。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2015-05-11