ドイツ語圏 (鉄道)
No.58ドイツ・温かいワイン列車
Nr.58Deutschland ・ Glühweinfahrt

■ 2018年12月29日撮影 Im Landkreis Limburg-Weilburg in Hessen

Eisenbahnfreunde Treysa による企画で、 Glühweinfahrt (温かいワイン列車:グリューヴァインファールト)と称した列車が Marburug(Lahn)とLimburg(Lahn)の間で走った。牽引機関車は中型貨物機の 58型311号機である。

ところで拙者はアルコールの入った飲み物に疎く、日本でもワイン(特に赤)を温めて飲むことが有るのか知らない。ただし、ただ温めるだけではない。このドイツにおけるGlühweinはシナモン、クローブ、スターアニスなどのスパイスを加えて温めるという特製のワインで、クリスマスなどの寒い時季に飲まれるのだという。

この特別運転の Glühweinfahrt では、列車内でこのGlühweinがふるまわれるのである(子供にはアルコールフライのキンダーパンチ)。この温かいワインを飲みながら蒸機列車に揺られ、Limburg の市場を見に行くのが目的の特別列車なのだ。

牽引した58型は誕生が1917(大正10)年で、311号機は製造が1921(大正14)年である。つまり日本で云うならば、1919(大正8)年に誕生した C51型に相当する時代の機関車である。ただし58型は貨物用機であって、3シリンダーの動輪5軸(1E ) の強力機で、各地の山線でも広く用いられた機関車である。

若干、日本の 9600型を連想するような無骨な外観で好ましいが、なかなか撮影チャンスが無かったのが、この度撮影することがやっと叶った。

上写真;俯瞰で狙う。汽車が来る直前に雨脚が強くなり、遠景が霞んでしまった。またここで走る時、再挑戦したい場所だ。

上写真;古城の前の石橋の間から狙う。最高速度65Km/h のはずの58型だが、70〜80Km/hくらい出して爆走して行った。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 掲示板 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2019-02-21