ドイツ語圏 (鉄道)
No.68ドイツ・アンマー湖蒸機運転
Nr.68Deutschland・Ammersee Dampfbahn

■ 2019年08月11日(日)、 Freistaat Bayern  Augsburg

Augsburg と Utting の区間で Ammersee Dampfbahn と称する蒸気機関車の運転が 行われている。ただし毎年、7月8月の合計5日しか運転されないため、なかなか 訪独で撮影機会が無かった。しかしやっと2019年に撮影することができた。 当日はアウグスブルクの鉄道博物館の公開も行われたので、汽車の撮影の合間に 寄ってみた。

Ammerseebahn の牽引機関車は事前のHPでは 01が予定されていたが、撮影場所に 向かう列車の中から見た牽引機は01ではなく、57であった。01でないのは残念 だが、57は初見の罐ゆえ、嬉しくもある。
この57型は従輪が無く動輪だけのテンダー機で、私の日本国鉄蒸機撮影歴の中では見た ことが無い機体である。
この罐は各国の鉄道で使われたから、国によって呼称が異なる。
Prussian G 10、DRG Class 57.10-35、OBB 657
DB Class 057、DR Class 57.1-3、FS Class 47、SNCB Class 90
である。

この蒸気機関車は、プロイセンのT 16機関車のシャーシとP 8プロイセンの旅客機関車のボイラーに基づいて開発された貨物列車牽引式機関車だった。 G 10は主要路線での大型貨物列車向けだったが、車軸荷重が低いため、ほぼ同等のプロイセンG 8.1よりも柔軟に使用された。 ゆえにG 10は、旅客列車にも時々使用されてたという。 同形式の西ドイツでの最終運転は1970年9月22日で、057 070がその最終機番である。一方、東ドイツ では1972年まで使われていたらしい。
撮影した当該機はルーマニアのオーストリア鉄道歴史協会から譲られた657.2770である。

なお、Ammersee Dampfbahn の運転日は下記のURL でのHPを御参照下さい。
http://www.ammersee-dampfbahn.de/

上写真;珍しい機種ゆえ、各角度で3枚UP 。

上写真2枚;Augsburg Eisenbahnpark にて。03型はテンダーが本体と切り離されて展示されていた。
運転台を見たら助手が使う手袋が、、、投炭をしたまんまっていう、現役感がたまらない。

上写真;動態保存機のBr-41が整備中であった。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2019-12-19