日本!(お神楽)
No.7 鷲宮催馬楽神楽(土師一流催馬楽神楽)
撮影場所&日; 埼玉県北葛飾郡鷲宮町、鷲宮神社
2005年4月10日(日)

東武浅草駅から準急に乗り1時間10分で、鷲宮に着く。鷲宮が近づくころから車窓に田園風景が展開するようになった。
お神楽の奉納される鷲宮神社は駅から徒歩8分程で着く、大きな境内を持つ天穂日命、武夷鳥命、大乙貴命を御祭神とする神社でした。
ここではお神楽は年に6回奉納されるのですが、私が行ったのは、丁度日曜日と重なった春季祭でした。
ここの鷲宮催馬楽神楽は、鎌倉時代の史書『吾妻鏡』にも記載されているようで、古くから奉演されていたようです。しかし現在は十二段(12の番組)が継承されてますが、この数になったのは宝永5〜享保11(1708〜1726)年ころであり、国学の影響を受けている可能性があります。
一段の舞は「出端」「舞掛かり」「引込み」の三部になっており、各段の間に催馬楽”が謡われます。催馬楽”については写真の下で後述します。
私がここのお神楽で、一番興味を持って拝見したかった舞は、舞台の上に天浮橋の作物を置き、伊邪那岐命と伊邪那美命が国生みにその周囲で舞う【八州起源浮橋事之段】です。国生みを素材にして天浮橋を登場させる舞は、かなり珍しい。
現存十二段のうち当日奉納されるのは半分ほどで、どれが奉納されるかは保存会の誰が参加可能かで、当日決るという、、、(汗)。
だから国生みの舞が拝見できるかは、運次第です。。。
私が訪れた日には、七段の神楽と端神楽(幼巫女の一人舞)が奉納されました。そのうちから三段をUPしました。御高覧下さい。
お神楽の奉納される神楽殿(文政四年、1821年再建)は、南面した本殿に向かい合うように建ってました。

≪お神楽が奉納される日≫1月1日(歳旦祭)、2月14日(年越祭)、4月10日(春季祭)、7月31日(夏越祭)、10月10日(秋季祭)、12月初酉日(大酉祭)
≪参考文献≫本『鷲宮催馬楽神楽』鷲宮町教育委員会&CD『雅楽・御遊』ライナーノート


【五穀最上国家経営之段(ごこくさいじょうこっかけいえいのまい)】
三番叟の面の倉稲魂命が三方、扇と鈴を持つ。保食神は、種壺、扇と鈴を持ち、舞ながら種まきの動作をします。五穀が実り、国家が栄えることを祈る舞いです。

【降臨御先猿田彦鈿女之段(こうりんみさきさるたひこうずめのまい)】
天孫邇邇芸命が降臨されるとき、道に立ちふさぐ猿田彦、それを問いただす鈿女命。猿田彦は、降臨の道案内に名乗り出たのである。
後に夫婦となる神々の舞です。猿田彦が鉾を持って舞うのは、国家安穏祈願です。

【八州起源浮橋事之段(やしまきげんうきはしわざのまい)】
男神の伊邪那岐命は日形、扇に鈴を持って舞います。女神の伊邪那美命は月形、扇と鈴を持って舞います。二神が天浮橋の上に立ち、矛を下にかきまぜて引き上げた滴が積もって島が出来た、古事記の「国土の修理固成」によった舞です。子孫繁栄開運祈願の舞です。


《参考》雅楽の催馬楽「伊勢海」が聴けるCD【御遊】
雅楽を三つに大別するなら、「国風歌舞」「楽舞」と「歌物」であり、催馬楽”は朗詠と共に「歌物」に属します。平安時代中期頃に流行した俗歌・民謡を雅楽風に編曲したものです。句頭(主唱者)が独唱部の拍子から始まり、付所という多数の斉唱者と笙、篳篥、龍笛そして琵琶箏が伴奏に加わります。現存曲は6曲あります。添付写真は、催馬楽の〈伊勢海〉が収録されているCD雅楽【御遊】です。(KING:KICH 169)
ただし鷲宮催馬楽神楽で謡われる催馬楽は、残存する雅楽の催馬楽そのものではありません。催馬楽も、長い歴史の中で喪失しており、鷲宮催馬楽神楽の催馬楽が、その失われた曲がここに残っているのか、あるいは詩を催馬楽風にアレンジしているのかもしれない。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2009-12-29