日本!(真野恵里菜)
No.12 2ショット写真

真野恵里菜ちゃんとの 2ショット写真

上左;平成22(2010)年6月、第1回ファンクラブ・バスツアー IDカード。白樺湖へ。
上右;バスツアーにおける、2ショット写真。


上左;平成23(2011)年6月、第2回ファンクラブ・バスツアーIDカード。諏訪湖へ。
上右;バスツアーにおける、2ショット写真。


上左;平成24(2012)年9月、第3回ファンクラブ・バスツアーIDカード。那須高原へ。
上右;バスツアーにおける、2ショット写真。


上;平成25(2013)年1月、 13thシングル『NEXT MY SELF』発売記念 2ショットチェキ(インスタント写真)会。


上;平成26(2014)年1月19日(日)

東京都港区六本木の スイートベイジルSTB139 における、カジュアルディナーショーに参戦してきた。

18時30分から1時間がディナータイム。19時半から、終わったのが21時10分までまるまる1時間40分間、真野ちゃんが 生バンド をバックにアンコールを含めて18曲を歌った。

真野ちゃんに会うのは先月から約一ヶ月ぶりながら、ライブは3ヶ月ぶりである。ただ、その時はスペシャルゲストとしての登場だったので、一人のライブは実に8ヶ月ぶりである。女優としての撮影に専念していたかと思ったが、最初の曲を聴いた瞬間に歌手としての著しい

成長を感じた。声の巾に厚みが出て、高音の中にも重低音が入るようなダイナミックレンジがあるのだ。声の伸びも半端でない。女優活動の陰で、歌のレッスンも継続していたのだろう。努力の証が生バンドでも堂々と歌う姿に出ていて感動だった。

ドレス姿も、子供っぽい真野ちゃんの姿から、大人の女性の色香を漂わせて目眩しそうになる。

ライブの後では、握手会とポラロイド写真による2ショット撮影会だ(添付写真)。

食事をして、そして真野ちゃんの歌。握手と写真と、まるで夢のような素敵な空間と時間だった。


上;平成27(2015)年1月11日 カジュアルディナーショー2015〜Premium ZERO~
@ Music restaurant La Donna (東京都渋谷区神宮前)

昼の部に参加。13時から14時までが食事タイムで、14時から15時40分までが生バンドで歌うライブ。
そしてその後に 2ショット撮影 と握手会!
ライブの1時間40分は あっと云う間だった。女優でも活躍する真野ちゃんだが、相乗効果か密かにトレーニングして
いるのか、声のノリや声域にも磨きがかかっている。表現力も抜群になってきているのが、すごい。
コンサート会場のスタンディングによるライブの一体感とも違い、本当に目の前で真野ちゃんが歌ってくれるから、表情も良く分かることによる一体感はディナーショーならでは。歌いながら会場を周回してくれるのも、ありえ〜へん嬉しさだ。
楽しいナ〜。
衣装も2度替えてくれて、二度目の白の上下でミニスカート姿では、2ショットを撮影してくれた。どんな写真か?
上の写真の中に、その写真が入ってます。
2ショットと握手しながらの会話、他のマノフレから隔離された状態で まったりできて、こちらもありえ〜へん ドキドキだった。
真野ちゃん、スタッフさんに感謝!


上写真;平成27(2015)年1月25日(日)
真野恵里菜カジュアルディナーショー2015〜premium ZERO〜大阪公演

@ フラミンゴ・ジ・アル―シャ (大阪市浪速区桜川)
昼 と 夜公演 に参戦してきた。
食事+ライブ(一時間半)+2ショット撮影+握手って夢のような時間を二度、味わってきた。 楽しかった〜。
スタンディングのコンサートのような客席がギラギラした緊張が無く、まったりと真野ちゃんとの時間を楽しもうという雰囲気が余裕の会場だ。ある意味、大人の雰囲気。ファンクラブならではの企画ゆえだろう。年頭の恒例になって欲しい企画だ。
(真野ちゃん、スタッフさん 宜しくお願いします。)
2度参戦ゆえ、二回 真野ちゃんとの2ショットが撮影してもらえた。


上左;平成27(2015)年2,3月 第4回ファンクラブ・バスツアーIDカード。静岡県の嬬恋へ。
上右;その時の2ショット写真。



上;カジュアルディナーショー2015秋〜風は秋色〜
( @ 渋谷区神宮前、Music Restaurant La Donna )

平成27(2015)年10月12日の昼の部に参戦してきた。
12時40分開場、13時から14時まで食事。14時から15時20分までがショータイム。
その後で 2ショット撮影と握手会。
MC を挟みながら約80分、生バンドをバックに今回はカップリング曲など普段のコンサートで歌われない曲も織り交ぜながら豊かな歌声と表情で歌いきった。
全員着座で聴くからジッと聴き込む感じになるので、サイリウムを振りながらスタンディングで聴くライヴと雰囲気が異なる。ライヴ(コンサート)ではアレンジされて歌われることの多かった「 My Days for You」が、よりオリジナルでじっくり聴けたのは嬉しい。逆にインディーズ時代にピアノを弾きながら歌った
「ラララソソソ」が生バンドバージョンにされて大人っぽく歌われたのは感慨深い。
そう思って聴いていたら直後の MC で、メジャーデビュー前に寒い野外でピアノを弾いて歌った頃、今のように生バンドで歌ったり女優としての活躍をしながらも歌の機会に会いに来てくれるマノフレ(真野ファン)が居てくれることに 感涙して感謝の言葉を述べていた。その姿に、ついつい拙者も名古屋駅のナナちゃん人形の下で2008年の年末に初めて真野ちゃんに会ったことを思い出して、泣けてしまった。
真野ちゃん、来年1月にはソロコンサートが決定しているというサプライズ発表もあった。日程場所などの詳細発表を待ちたい。



上;2016(平成28)年8月27日

「カジュアルディナーショー2016 Summer〜GRAND Show!〜」
(東京・原宿 ミュージックレストラン La Donna)へ行ってきた。
ディナーショーとしては、昨年10月12日以来である。
( ライブは本年1月に、ミュージカルで4月に生真野ちゃんを拝見しているが )
一時間のゆったりとした食事の後、真野ちゃんの歌が約1時間15分楽しめた。座席はステージ端ながらも、珍しく最前列。じっくりと真野ちゃんの歌う姿を眺めていると真野ちゃん現場の楽しさが、フツフツと蘇ってくる。真野ちゃんが女優活動を活発化させているので現場が少ないので、最近は蒸気機関車撮影とリヒャルト・ワーグナーに特化していた心のベクトルが 、すっと再び真野ちゃんに向いて心が篤くなる。
真野ちゃんの歌が終わった後は、握手と2ショット写真撮影と、盛りだくさんで、「真野ちゃん補給」をしてきた。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2016-09-05