日本!(真野恵里菜)
7−3 THE NEXT GENERATION パトレイバー 〜映画&吉祥寺パレード &始球式 &トークショー

映画HP⇒ http://patlabor-nextgeneration.com/index_ie.html

■ 映画上映 THE NEXT GENERATION−パトレイバー− /第1章

上;平成26(2014)年4月5日、新宿ピカデリーにて (東京都新宿区)


真野恵里菜ちゃん主演の 「機動警察パトレイバー」の実写化プロジェクト第1弾「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章」の上映が4月5日から始まった。

それに伴い 東京・新宿ピカデリーでの09:35からの第一回の上映後に、真野ちゃんや監督さんらによる舞台挨拶も有ったので馳せ参じてきた。

映画はアニメの実写化だがアニメを知らないで観たが、面白い展開を予感させる序曲的な回であった。

映像的な面白さだけでなく、登場人物の個性的な描き方が丁寧であるし、それでいて終盤についにイングラム(汎用人間型作業機械)の可動への期待と観た後の爽快感も素晴らしい。なんたって第七章まで殆ど毎月のように上映が続くし、その後には来年のGWには長編版も控えているという大長編だ。登場人物の性格など個性の隅々まで描いていく余裕があるのだろう。話しが長編ゆえ撮影も半年以上に及んで、かつ編集などは続行中ということである。舞台挨拶では押井守監督から出演者へのねぎらいの言葉が称えながら掛けられて、真野ちゃん あ〜〜やっぱり感涙してしまった。監督、思いやり有る人なんですね。筧利夫氏から もっと泣け と云われ、堪えていたものが堰を切ったかのように泣いちゃって、こちらも貰い泣きしてしまった(汗)。出演者の中で最年少ということで甘えさせてもらった、という真野ちゃん。筧氏のいじりとそれを笑顔で眺める千葉繁氏らの表情に、和気あいあいと纏まっていた撮影現場の空気が伝わってきた舞台挨拶だった。

ともあれ、毎月の楽しみができた。第二章は5月31日上映開始だ。


■ 吉祥寺パレード 平成26(2014)年4月13日、 (東京都武蔵野市)

上;パレード開会宣言のために「警視庁」と書かれたバスから降りる真野ちゃん。ロケバスには見えなかったが、本物?

上;開会宣言で敬礼、そしてデッキアップするイングラムを眺める。

上;トランスポーターからデッキアップするイングラム。取り巻いた群衆から大歓声が沸き起こる。

信じられないことが起こるもんだ。真野ちゃんの写真が写せるなんて。
真野恵里菜ちゃんが吉祥寺に登場した。
特車二課の泉野明として、『吉祥寺駅自由通路完成記念パレード』にゲスト登場したのだ。
この自由通路、吉祥寺駅のJR側と京王電鉄側を結ぶ幅16mの歩行者専用通路である。この通路の完成を祝すパレードでは、地元学校の吹奏楽部やダンス部ら約300人が駅周辺を約1km行進した。パレードのみならず、駅周辺のデパートや井の頭公園など計5カ所において演奏などのイベントも行われた。その中でも目玉が映画【THE NEXT GENERATION -PATLABOR-】に登場する実物98式イングラムのデッキアップである。そして主役の真野ちゃんがパレードに参加した。 
現地には午前11時前に着いたが、カバーをかぶったままのイングラムの周りは、多数のファンが集まっていた。
パレードは12時半から約一時間であった。平和通の駅前商店街の一角で関係者による挨拶後、真野ちゃんによる開会宣言が行われてからパレードが始まった。
拙者はマノフレ(真野ちゃんファン)の初孫氏と、真野ちゃんを追っかけまくった。
真野ちゃん、パレードが楽しそうで、特車二課の制服も凛々しかった。
しかし真野ちゃんやイングラム周辺は想像を絶する群衆で大混乱となり、イングラムのデッキアップが早めに終わってしまった。イングラムと真野ちゃんの泉野明の活躍を、ぜひスクリーンで鑑賞して欲しい。


■ QVCマリンフィールド 野球始球式;ロッテ VS ソフトバンク、 (千葉県千葉市)

      平成26(2014)年4月20日

上写真4枚、試合前に球場広場ステージで行われたトークショー。イングラムが鎮座している。

真野恵里菜ちゃんが野球のファーストピットセレモニー(始球式)に登場したのでQVCマリンフィールド(千葉市美浜区)へ行ってきた。

この日、スターチャンネルXスカパー!「THE NEXT GENERATION パトレイバー」DAYとサブタイトルが付いた試合は、千葉ロッテマリーンズ Vs 福岡ソフトバンクホークスの試合であった(結果は4対0でロッテの勝ち)。

映画【THE NEXT GENERATION パトレイバー】が劇場上映の終了した章から順にスカパー!で放送されるのを記念し、スタジアム前の広場にはトランスポーターに乗せられたイングラムのデッキアップや、ステージにおいて真野ちゃんとチバシゲオ役の千葉繁氏のトークイベントも開催された。

始球式では「警視庁」と書かれたカートに乗った真野ちゃんが特車二課整備班のメンバーを従えて登場。真野ちゃんも千葉氏も、映画の中の衣装を着ていた。

捕手は千葉氏で、対戦相手はロッテの井上晴哉選手である。井上選手、途中からイングラムの長さ3mの警棒を持ってバッターボックスに立った。投球は捕手目前でワンバウンドして井上選手のバットが空を切った時に、捕手の千葉氏のミットに収まった。真野ちゃんの球速は426キロ。誕生日の411ではないのかと思ったが、4月26日からスカパー!で放送が始まる月日の数であった。

思えば4月は、【THE NEXT GENERATION パトレイバー】にちなんだ企画で、三週連続で真野ちゃんに会えるという“真野月間”だった。そして撮影できるという、稀有なサプライズであった。


■ 筧利夫&真野恵里菜トークショー

平成27(2015)年3月15日

大阪市天王寺区、あべのハルカス近鉄本店ウイング館9F催事場

(トークショーは撮禁のため、写真無し)

「ケーブルテレビショー」で、映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー』に出演されている 筧 利夫 氏 と 真野恵里菜ちゃんのトークショーが行われたので行ってきた。 30分間のトークショーで、シリーズ映画での苦労話、GW上映の劇場版での撮影秘話などを直接聞くことができた。

そのエピソード以外には、筧氏と真野ちゃんのお互いの相性チェックとして、司会者の出したお題に関連した相手がどう思っているかをボードに書いて見せ合うというゲームもされた。ちなみに筧氏がイメージした真野ちゃんは「真」。真っ直ぐな心ゆえ。真野ちゃんの筧氏のイメージは、「継」。パトレイバーのこれまでの伝統を引き継いで体現したような人だからだという。筧氏は特車二課の隊長として、飄々としながらもブレない真摯さの中にもユーモアを忘れないという存在だが、今日はじめて実在の筧氏を拝見して正に、と思った。ムードメーカーで、隊長にふさわしい人に思えた。真野ちゃんは部下として筧氏を称えつつの誠に「真」かつ「愛」すべき姿だった。
これまでのシリーズの集束していく5月1日からの劇場版シリアスな弩迫力で、楽しみだ。
添付写真は、復路途中のSAにて。ナビ画面は、真野ちゃんハロプロ卒業コンサート。卒業後も、大活躍だ。


■ 真野恵里菜スペシャルトークショー

映画「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」公開記念特別企画

平成27(2015)年3月21日

大阪府八尾市、 アリオ八尾 1階レッドコート

上写真;トークショーポスター。特別展示ではリボルバーカノン、指揮車そして隊員服や台本も展示された。

トークショーは撮禁のため、写真無し。

真野ちゃんのトークショー、45分間があっという間だった。司会者と真野ちゃんの会談形式だったが、司会者の来場者への質問挙手ではパトレイバーを観ての来場者が多数だった。真野ちゃんの演技への好評価と思ってよいだろう。

原作アニメのパトレイバーは真野ちゃんが生まれる前の作らしいが、現在になって実写版が作成されることによって自分が配役されることになる運命的な作品への出会いを感じたという。そのような真野ちゃん自身へのインパクト大な役柄 だったゆえ、作品を通して真野ちゃんにも変化をもたらしたようである。性格が明るく人見知りしなくなったことで、 4月からの舞台「ベターハーフ」も稽古も順調だという。明るい性格のアキラ役が、いつのまにか素の真野ちゃん 自身のようになっていたようだ。ただ、次の舞台では恋愛の複雑な感情の起伏が観客の見方や立場によって かなり変化するようで、しかもこれまでに無い表情もするそうで、ひと作品ごとに大きくなっていく真野ちゃん を実感できるトークショーだった。

パトレイバー 首都決戦 ⇒ http://patlabor-nextgeneration.com/


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2015-04-17