日本!
No.56 浅間祭 (古和浦)
撮影場所&日; 三重県度会郡南伊勢町古和浦、平成22(2010)年6月13日

三重県度会郡南伊勢町古和浦の、浅間祭を奉拝・撮影してきた。
八柱神社で午前8時半に祭典後、約2Km離れた浅間神社まで道行きをする。道行きは、御幣・神主さん・梵天・踊り竹・梵天の順で進んでいく。梵天は高さ5m位の傘状に紙垂が付いた神座である。踊り竹は、長さ5mくらいの笹竹を地面に平行に寝かせ、それを縄で両側から14人程の踊子が古和浦音頭を歌いながら、地面に叩きつけるように進んでいく。古和浦の町中を抜け浅間神社に着き、御幣や梵天を奉げて祭典。祭典は午前9時40分頃に終了した。
南伊勢町の各集落には、多くの浅間神社が祀られており、この時季には浅間祭が行われる。なぜ浅間神社が多いのかは、この浅間祭の様式も内容も多々古文書など無く不明であり、推測することしかできない。浅間神社を祀る集落には、浅間講(富士講)があり、その祭りとも云われている。浅間講(富士講)は富士山を神の山と崇め参拝する講集団であるが、江戸周辺の浅間講と異なって、近畿地方では修験道由来の講集団で、初夏に水垢離を行ったりしたという。海辺ゆえ、海水に浸かっての水垢離は容易であろう。富士山を駿河湾の漁師さんが海上での目印にしたということから、漁業の町で富士山=浅間神社をならって漁の目印にした山に浅間神社を祀って、浅間講を行ったという考えありえよう。あるいは富士山や信濃の浅間山、それに伊勢の朝熊山(あさまやま)などと同じように、お山を湧水守護の神様、つまり山ノ神として崇めたのかもしれない。興味深いのは、この近隣である伊勢の朝熊山(あさまやま)は、祖霊の住まう霊山と考えれていることである。死霊の鎮留する山、それが伊勢の朝熊山(あさまやま)である。案外と富士山と結びつけて考えるのではなく、より伊勢の朝熊(あさま)=南伊勢の浅間(あさま)、として考えた方がよいのではないかとも思う。集落の背後の山が、死者の霊の還る山中他界と考えることが背景にあり、富士浅間神社の御祭神等、いろんな要素が習合したと想像するのは飛躍し過ぎであろうか。
※撮影にあたって、神主さん、古和浦の皆様に感謝申し上げます。



上左右写真、梵天。左は八柱神社で道行き前。右は浅間神社で奉納後。



上左右写真、踊子。踊り竹を上下に振りながら、時には地面に叩きつけながら道行きもする。この行為は、地霊鎮めであろう。

上写真3枚、道行き。道中でも古和浦音頭を歌いながら、踊り竹を踊らせる。

上写真、浅間神社への階段を駆け上がる。

上写真、浅間神社における祭典。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2010-06-29