日本!(オコナイ)
No.12 米原市 梓河内のオコナイ
撮影場所&日;滋賀県米原市梓河内、平成21(2009)年1月31日、2月1日
撮影機材;Nikon D300+VR18-200mm、D80+SIGMA10-20mm
現地情報;民家を頭屋とするのは本年限りで、来年からは八幡神社社務所で準備されるらしい。作り物や社参がどうなるか未定なので、平成22年度に関しては、直前に要確認。

ここではオコナイを神事(じんじ)と呼んでいる。本日には民家の頭屋さんから誉田別尊を祀る八幡神社まで、約900mを男性のシンボルや御輿のように担いで御鏡を奉納すべく、社参される。
祭員がノリノリで、とにかく愉快なオコナイ(神事)であった。畏まって厳粛に行うのもオコナイなら、和気あいあいと爆笑しながら愉快に行うのも、オコナイなのだ。野菜で作る鶴亀、男女、男女のシンボルや徳利に盃の製作段階でもそうだし、気心知れた馴染みの集落の人たちが歓談し爆笑し楽しみながら行い、撮影者たる私も爆笑しながらの撮影するオコナイは初めてである。
この地は霊仙山系から流れる梓川に沿って、約100数戸から成る集落である。その集落を1から4区に区分し、各区が25〜27戸で構成されている。オコナイ(神事)は戦後3年程は中断したが、その後に復活し、各区が順番に一年ずつ担当する。その区内で、頭屋には区の成員から玉籤で選任されていた。それが、どうやら来年からは頭屋を設けるのではなく、区としてのオコナイ(神事)に変えられるようだ。それ故であろう、当渡しで頭主が決まると“ゴー(牛玉宝印)”で顔に墨付けなどがあったようだが、本年は無かった。であるからこれまでは民家が頭屋になっていたのが、来年からは社務所で準備も行われるらしいので、写真のような社参風景は、ひょっとしたら今年が最後なのかもしれない。詳細がまだ決まっていないそうだから、どのようになるか不明ではあるが。
この愉快なオコナイ(神事)には、男性のシンボルの作り物も巡行した。野菜の作り物は既に社務所に掲示されていたが、その作り物では女性のシンボルも登場している。いつ頃から男女のシンボルが登場するようになったか不明だが、おおらかな気風なれど、かつては山間の生活が厳しく、村と家内繁栄は切なる祈願であったことだろう。その和合による繁栄は、シンボルの道祖神があるように、塞ノ神としての性質も託されていると考えて良いだろう。
※この度は梓河内の皆様には大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

■神饌準備 野菜で作り物(本日の前日)

本日の前日は午前中が餅搗きで、午後からは野菜の作り物の作成である。残念ながら餅搗きには間に合わなかったが、野菜の作り物作成には間に合った。頭屋で10人程の氏子さんがワイワイ賑やかに談笑、あるいは爆笑しながら、野菜から添付写真のようなモノを彫り上げていく。野菜は、大根、カブラ、牛蒡、ネギの根っこ、人参などで、鶴亀・男女・男女の性器・盃・御神酒錫などを作る。色付けまで出来上がった作り物は板の釘に差込み、鴨居から下げておく。この作り物は、明日の神社への社参で持参する。この河内は林業が主体であったが、畑作もかなりの収穫があったようである。
ともあれ、オコナイには男女のシンボルが呪術性をもって登場するケースがあるが、かなりここではその度合いが強く顕れている。

■伊勢大神楽

オコナイ(神事)の本日の朝、民家の頭屋に伊勢大神楽が訪れられた。訪れられたのは、伊勢大神楽 山本長太夫社中の皆様で、頭屋さんの室内での舞によるお祓いの後、河内
の集落内の民家を順番に周ってお祓いと伊勢神宮大麻を授与された。早朝から集落内に伊勢太神楽のお囃子が響き、祝祭的な雰囲気が盛り上がった。
この日、午前7時に頭屋へ伊勢大神楽の神楽社中さんが訪れられると前日に聞いていたので、午前5時に自宅を出発して養老SAで朝食、現地に午前6時半に到着して待機していた。
頭屋の室内でオコナイにおける野菜の作り物の近くで舞い、お獅子が招福除災の頭噛みをしてから、梓河内集落内の諸民家へ出かけられた。梓河内の集落内では、太夫さんを見送る御夫人が印象的であった。

■社参

頭屋から神社まで社参する。神社へ着くと、拝殿での祭典である。祭典後には、社務所で直会である。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (念仏・風流)
日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 迦陵頻(Blog) 掲示板
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2010-01-01