日本!(オコナイ)
No.36 木之本町 杉本
撮影場所&日;滋賀県長浜市木之本町杉本(旧 伊香郡)、平成23(2011)年2月6日

杉本のオコナイの特色は、桜の古木に桜の枝を挿して、桜の花の造花を作って奉納することである。社参は、榊を持った当家さんを先頭に、御神酒、花、御餅そして太鼓や笛の鳴り物が続く。六所神社で祭典が行われるのだが、祭典は宮司さんではなく、社参した氏子だけによって行われ、祝詞も宮守さんによって行われる。花は御幣を装飾化したものであり、祖霊を修正会・修二会に招ぎ降ろす依り代であるから、単なる飾りではない。そのような依り代としての花が、やがては餅花のような形へ分化していくのである。
祭典の後には来年度の当家を決める籤が行われ、本年は4組であったが、来年は3組と決まった。
社参は雪の壁の間を進み、雪に桜の造花が美しかった。拝殿内では御神饌が献じされるだけでなく、花でも荘厳された。
尚、造花を奉納される処で、餅花をも奉納される場所は無い。どちらかであることが、重複する意味のないことを示唆しており、興味深い。
昭和35(1960)年に発行された井上頼寿著『近江祭礼風土記』(臨川書店)において、造花は戦前で消滅したような記載になっているので、その後に復活したのだろう。
※ 杉本の皆様には御世話になり、どうもありがとうございました。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 掲示板 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2011-03-22