日本!(オコナイ)
No.5 川道のオコナイ(其の一)
撮影場所&日;滋賀県長浜市川道、平成20(2008)年2月23日
撮影機材;Nikon D300+VR18-200mm、D80+SIGMA10-20mm
現地情報;献鏡屋台は当屋を20時20分頃出発。当屋内の撮影は、要許可。

川道神社(滋賀県長浜市)にオコナイ(民間神事)の御鏡餅が献鏡(奉納)された。川道には七つの「村(「庄司ともいう)」という組が有って、それぞれ30〜50戸から成っている。下村・東庄司村・川原村・藤ノ木村・中村・東村そして西村のそれぞれの組で、一俵を使い完成重量が約90Kgにもなる巨大な御鏡餅を搗く。そして宵宮に屋台に仕込んで、川道神社へ献鏡(奉納)するのである。屋台は提灯で荘厳され、「若い衆」が担ぐ。屋台ばかりに目が行くが、行列は先高張・棒張・御神酒・御鏡・火方・大太鼓・弓張・小太鼓そして鉦という立派な編成である。七つの「村・庄司」が拝殿への献鏡の早い遅いが不公平にならないように、毎年のローテーションで変わってくる。神社前では、いったん境内に各組の御鏡餅屋台が集合する。
今回は折からの雪中での献鏡行列となり、素晴らしいシーンが展開した。何箇所かの当屋(当番さんの家)を訪問させて頂いたが、当屋においても行列も大変に熱気を帯びていた。

では何故、御鏡餅なのか、、、まず餅に関してだが、稲荷(伊奈利)社の起源を綴った『山城国風土記逸文』の抜粋を書かれた寺川氏の文(※)を引用してみる。それによると、「伊呂具の秦の公という人は、稲を沢山収穫し裕福だった。そこで餅を作って弓の的としたところ、餅は白鳥となって空に飛んで行き山の峰に降りて、そこに稲を生やしました。稲が生えたので、そこに社を設けて祭り、稲生(いなり)と名付けました。」 ここでは稲荷ではなく、餅が白鳥に姿を変える点も面白い。モチの“チ”とは、生命力・霊力を現す語であるという。そして白鳥も霊力があるだけでなく、遊離魂ともみられる霊魂観があるのだという。つまり餅は霊力そして魂が目に見える形になったものであるのだ。鏡餅という上から見て丸い玉状の形態についてであるが、、、玉のタマとは、やはり遊離魂と生命霊の言葉である。神様の名前で例えば穀霊(稲霊)の「倉稲魂」を「ウガノミタマ」と呼ぶことでも判る。この「タマ」は、呪物崇拝(フェティシズム)で八坂瓊曲玉や八咫鏡など御神宝の形状などでも表現されている。御神器の形状は、むろん古墳出土の遺品から推測するのみであるが。餅を上から見た形状で丸にするのは、餅自体の霊的呪力(じゅりょく)に更に形態でも呪力を与える、日本呪術史的にもよくみられるパワーの重ね呪法である。

川道のオコナイのみに見られる「カボ」とよばれる具について述べたい。カボとは火防(かぼう)を意味する道具である。カボは、御鏡餅を献鏡する屋台の提灯から出火した場合、これを使って火消しをする道具である。カボからは左右二体の藁人形が下がっているが、左右二体が男女になっていて、男は唐辛子で、女は貝殻で性器を表現して付けられているともいう。が、西村では二体とも男性であって、女性は見られなかった。伺ったが、以前からそうであって、なぜ男・男であるか不明だという。一方、東庄司の当屋では男女があったが、女性器は貝殻ではなく、唐辛子を折り曲げて表現してあった。
なぜカボという道具に男女の藁人形を付けるのか?はたまた、このカボは実用的なのか、それとも呪具的なアイテムなのか?火が出た場合、本当に消せるのか、、。想像は膨らむ。滋賀県には山ノ神祭において、木の枝で「オッタイ(男)・メタイ(女)」を作って交合させる儀式を行う所(上砥山)がある。交合が豊穣の象徴として捉えられているのだが、同様な発想が火消しの道具に付いているとしたら面白い。男女の仲睦まじい間に火種は立たずとうことか(汗)。火が立って災いをなす事も、豊穣のパワーによって打ち消される、ということだろう。なら、西村の男・男は???交合による豊穣パワーではなく、祓いで男・男だと舞楽の祓いの舞である【振鉾】を連想するが、西村のカボは悪霊・邪気祓いとしての剣的なパワーの呪具となっているのかもしれない。

◎撮影に当って、川道の皆様に感謝申し上げます。

    《参考文献》
     (※)『稲荷社の二つのいわれ』寺川眞知夫〜【大伊奈利】第172号;伏見稲荷大社講務本庁
     【日本語に探る古代信仰】土橋寛;中公新書

上写真3枚; 当屋に飾られた御鏡餅。左より藤ノ木村・西村・東庄司。屋台に仕込むまで渋紙をかぶせる村がある。

上写真2枚; カボ。左は東庄司の女性の藁人形。右は西村にて。

上写真2枚; 当屋で献鏡屋台が組み立てられていく(西村にて)。




上写真6枚; 七村の各当屋を出た屋台が川道神社を目指す。フラッシュ使用は不本意だが、雪を写しとめるには必要。フラッシュ使用、不使用の両者をUPしてみた。

上写真左右; 神社拝殿に屋台から外されて献じられる御鏡餅と、献じた後の歓喜の若衆。

上写真2枚; 献鏡された拝殿での祭典。

川道のオコナイ(其の二)に続く


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 掲示板 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2010-01-01