HPトップ > 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)

No.4 2023年(令和5)年 機


★ 私の拝聴記録で、谷口氏の演奏全記録ではないこと御了承下さい。
(文中、奏者の方の敬称略)
(演奏が撮影可の場合、カメラはサイレントモードで無音撮影)


■ 谷口沙和ヴァイオリンリサイタル
 2023年01月21日(土)、代官山教会(東京都渋谷区代官山町)


リサイタルを大盛況そして大好評のうちに開催され、 東京に大きな第一歩を示され祝着至極でした。

曲は
G.P.テレマン 作曲 無伴奏ヴァイオリンのための12の幻想曲より第一番
モーツァルト作曲 ヴァイオリンソナタ第21番ホ短調
メンデルスゾーン作曲 ヴァイオリンソナタ ヘ短調
ルクー作曲 ヴァイオリンソナタ ト長調
アンコール=ドビュッシー作曲 亜麻色の髪の乙女
(ピアノ;鈴木唯花)

それぞれの曲の個性(個人的な解釈を含むが)、 例えばモーツァルトの悲しみ、メンデルスゾーンの 深淵と闇、ルクーの迷いと陶酔そしてエネルギーを 引き出し優しく強く、ピアニスト鈴木氏と息の合った 見事な演奏だった。またこのコンビで拝聴したいものだ。 谷口氏と並び鈴木氏にも大きな BRAVE!を伝えたい。

実は、、、谷口氏がルクーを演奏されると知ったものの 未聴の曲だったので、昨年12月の愛知公演の前にCD で予習していた。しかし実演で遥かに大きな感動を覚え、 その印象を大事にしたいので愛知公演から東京公演の 間に同曲をCD などで聴くのを止めていた。そして 今回、やはり愛知公演での谷口さんのルクーで感じた 感動は間違いで無かったと再認識した。今回のルクー 演奏は特別狙った訳ではないそうだが、ルクーの命日で あった。まさにルクー氏が天上より見守ってくれた ような名演であった。

写真は谷口氏とピアノの鈴木氏(左)。


■ 『福井悠大と美女達による室内楽演奏会』
 2023年02月01日(水)、カワイ名古屋コンサートホール「ブーレ」(名古屋市中区栄)

(ピアノ)福井悠大氏
(ヴァイオリン)谷口沙和氏
(チェロ)川村なつみ氏
《メンデルスゾーン プログラム》
「夏の夜の夢」より 結婚行進曲
ピアノ三重奏曲第2番
ピアノ三重奏曲第1番
(アンコール)「歌の翼に」

第2番は第1番に比べて演奏される機会が少なく、より知られている1番を 後にプログラムされたとのこと。しかしその2番の第一楽章から、三人の 奏者がたたみ掛けるが如く物凄い推進力で驀進していく。まさに急行用 蒸気機関車が長大編成を力強く高速走行で牽引していくが如く、見事な アンサンブルで魅了してくれた。

その牽引力は第1番の第4楽章でも遺憾無く発揮された。実演奏でお互い が高め合いながら推進していくのだろう。両曲の第二楽章のアンダンテは ゆったりと美しい弦とピアノの音色に癒される。

谷口さんがチェロの川村さん、ピアノの福井さんの方に視線を時々向けながら 息を合わせている表情も印象的だった。

一言で云うなら、カッコよく美しい(二言か)聴かなきゃそんそん、っていう 素晴らしい演奏会だった。


■ 第26回「とよたフレッシュコンサート」
 2023年02月18日(土)、
 豊田市コンサートホール(愛知県豊田市西町、参合館)

谷口沙和さんが シューマン作曲ヴァイオリンソナタ第1番を演奏されたので、聴いてきた。 大きくあるいは小さく、揺れ動く情熱あるいは情念の炎のような曲を情感豊かに演奏され、CDなど 音源で聴く以上に曲の良さを感じる事ができた素晴らしい演奏だった。

今回で26回目となる「とよたフレッシュコンサート」は愛知県に所縁の若い演奏家によるコンサート でこれまで延べ260人が出演されたという、歴史あるコンサートなのだ。

会場となった豊田市コンサートホールはパイプオルガンも設置された、音響の良いホールである。

下の階には能楽堂もあり興味深いお能の番組も舞われているが、なかなかこれまで足を運ぶということ がなかったが、今回初めて訪れることとなったのも、良い機会となった。


■【ヴィオレとマムの花束】コンチェルト+コンサートシリーズ「garden」
 Quartet mum + Ensemble Violet
 2023年02月23日(木)、電気文化会館ザ・コンサートホール(名古屋市中区栄)

Quartet mum(アンサンブル マム)は谷口氏らによる弦楽四重奏団で、 Ensemble Violet (アンサンブル・ヴィオレ)は 木管五重奏団である。元々、楽器構成が弦と木管であるから、その楽器 に特化した曲を別々に演奏されていたのだが、昨夜の演奏会を企画されたON music project の 北川氏の 縁で谷口氏とフルートの細川氏の結び付きから「花が咲いた」演奏会である。

たまたま2つのグループも花の名前、例えば mum は菊の略称で Violet はスミレ、であることから2つ のグループが融合することで花咲く「#garden」がイメージとなったそうだ。この音楽の「庭」では 今後、弦楽四重奏+木管五重奏にソリストを迎えて、コンチェルトなどの演奏をシリーズ化されていく ようである。そのプレ演奏会となったのが、昨夜の演奏会であった。

まず 谷口氏と細川氏による W.F.バッハ作曲 二重奏曲第二番ト長調 に始まり、 Ensemble Violetによる P.タファネル作曲 木管五重奏曲ト短調、そしてQuartet mum によるドビュッシー作曲 弦楽四重奏曲ト短調 と、 各グループが別々に演奏された。

Quartet mum であるが、昨日は チェロの貫名氏は変わらず谷口氏が1st Violin 、日比氏が2nd Violin そして川合氏がViola と楽器が変わっていた。

谷口氏の 1st Violin が超刺激的で魅惑的であった。特に第二楽章。

合同での演奏は、元々は大編成のオーケストラ演奏曲であるグリーグ作曲《ペールギュント》第1組曲 第1〜4曲、アンコールの ラヴェル作曲《亡き王女のためのパヴァーヌ》であった。

《ペールギュント》の第一曲を聴き始めた瞬間の印象は、響きの瑞々しさである。《亡き王女》において も同様に瑞々しさが有りながらも、妖艶な世紀末的そしてオリエンタルの雰囲気も醸し出される音の純粋 さが魅力的であった。まるでこの2つのグループのための曲のような素晴らしい印象を与えてくれた。

グリーグが一つのキーワードとのことで、そこから更に発展していく展望が頼もしい。

この「庭に咲く花」の過程を追っていく楽しみが増えたと思う。

このグループの合同演奏で聴いてみたいと思ったのは、シェーンベルク作曲《浄められた夜》である。 弦楽合奏版⇒ オーケストラ版 ⇒ オーケストラ版の室内楽 版 と異次元の世界を聴いてみたいものだ。

いつの日にか、、、。

ちなみに「#garden 1」としては 04月28日(金)に金澤なつみ氏をソリストに迎えて、グリーグの ピアノ協奏曲イ短調がザ・コンサートホール(名古屋市中区)において企画されている。

添付写真;演奏会チラシとパンフレットを、「garden」をイメージした背景で撮影。


■ミッドランドスクエア アトリウム コンサート
 2023年03月07日(火)、名古屋市中村区


「アトリウム コンサート」が開催され、第二部において ヴァイオリン 谷口沙和氏、ピアノ 橋本由羽氏によって 下記の曲が演奏されたので拝聴してきた。

ヴィヴァルディ;『四季』より「春」
シューマン;『女の愛と生涯』より「私の指の指輪」
シューマン;『ミルテの花』より「献呈」
ブラームス;『ハンガリー舞曲』第5番
モリコーネ;ニューシネマパラダイスメモリー
葉加瀬太郎;『情熱大陸』
(アンコール)
『魔女の宅急便』より「海の見える街」
滝廉太郎;『花』

アトリウムステージの背後のガラス面にはクリエイティブ ユニット(山田春奈氏、小林弘和氏)による「Time is Like a Flower」というタイトルで浮遊する花での時間 表現がされた前で、時間と共に生まれ消えて行く「音」 がアトリウムという「空間」に華やかに彩りされた。 春を先取りしたような美しい谷口氏と橋本氏の演奏で あった。


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 掲示板 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2023-03-11