HPトップ > 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)

No.6 2023年(令和5)年 掘


★ 私の拝聴記録で、谷口氏の演奏全記録ではないこと御了承下さい。
 (文中、奏者の方の敬称略)
 (演奏が撮影可の場合、カメラはサイレントモードで無音撮影)


■ 100万人のクラシックライブ
 2023(令和5)年09月03日、三重県多気郡明和町 明和町中央公民館


今日は 「さわ」尽くしであった。
滋賀県彦根市佐和町 から、三重県明和町で演奏される沙和さんへ、、、。
2日間 彦根市佐和町に滞在していたが、昼から山を越えて 三重県多気郡 明和町に移動した。

明和町制65周年記念『めいわまちづくりシンポジウム』において 「100万人のクラシックライブ」として、谷口沙和氏(ヴァイオリン)と ふらんちぇすか氏(ピアノ)が演奏された。アンコールを含めて30分程の演奏 であったが、雨乞い踊りの撮影で以前に訪れたこともある町ゆえ、懐かしい思い であった。基調講演、パネルディスカッションや 演奏会と、大々的に開催される 明和町がしっかりした町づくりに邁進されていることが分かり、感服した次第。 演奏は13時15分からと16時20分からの二回公演であったが、 二回目に間に合ったので鑑賞してきた。


■ 福本真琴・泉優志 チェロコンチェルト
 《 Garden # 2 》 〈ON music project)
 2023(令和5)年09月05日
 電気文化会館 ザ・コンサートホール(名古屋市中区栄)

大オーケストラ向けの協奏曲を室内楽編成で演奏するという、意欲的な 取り組みが《 Garden 》のシリーズとして展開されている。
ヴァイオリン奏者の谷口沙和さんも 「アンサンブル・ガーデン」のメンバー であることから、今夜拝聴してきた。

《プログラム》
ダンツィ作曲 木管五重奏曲 変ロ長調 Op.56-1
ポッケリー二作曲 チェロ協奏曲 ト長調 G.480
        (ソリスト:福本真琴氏)
グリンカ作曲「ルスランとルドミラ」序曲
ドボォルザーク作曲 チェロ協奏曲 Op.104
        (ソリスト:泉優志 氏)
[アンサンブル・ガーデン](敬略)
細川杏子・岡田麗妙子・安田莉子・山崎瑞季・巣立ひかり
谷口沙和・波馬朝加・宇佐美優・三谷野絵・丸地郁海・伊藤歩美

前半は古典音楽的な2曲を配し、後半は音の重厚に管の鳴り響くロマン派的な 曲を配しての構成であった。

いづれも各楽器のパートを一人の奏者で演奏することで透明性のある音色の 色合いが分かり易く澄み切った演奏であった。

ドボォルザークではコンサートマスターに谷口氏がオーケストラを牽引する 重責を担って、演奏された。室内楽様式に編曲されているため指揮者は居ない から、谷口さんの責任は重大である。指揮者が居る場合でもオーケストラ団員は コンサートマスターに引っ張ってもらうと聞いたことがあるが、それほど コンサートマスターの存在は大きいのだ。

今回も管の奏者は谷口さんの第一ヴァイオリンの動きに視線を向けていたし、 谷口氏もソリストに注視しつつ楽団員を牽引されているのが、よく分かった。 まさに凛々しく、見ても痺れるほどで、才能溢れていると思った。

ソリストの福本氏の繊細な響き、泉氏の豪胆な響き、どちらも心の奥深くに共鳴 して素晴らしかった。元々大編成のオケの演奏ゆえ、今回は少数精鋭で管が頑張って いらっしゃり素晴らしかった。


■ ロビーコンサート 昼コン〜『秋めく香りにメロディをのせて』
 2023(令和5)年09月09日、
 文化フォーラム春日井(愛知県春日井市鳥居松町)

上写真左から清水氏、谷口氏、小山氏、貫名氏)

うららカルテット(ヴァイオリン;清水麗楽、谷口沙和、ヴィオラ;小山日向美、 チェロ;貫名紗詠の各氏)(ゲストにクラリネットの亀居優斗氏)

3階吹き抜けので陽光の差し込むロビーは、開放感溢れる美しい会場だ。

文化フォーラム春日井では昼、夜と定期的に催しを行ってらっしゃるようで、図書館 などを併設した建物は文化の発信基地のような存在である。

演奏はまず「うららカルテット」による弦楽四重奏、そしてゲストのクラリネット 奏者を迎えての五重奏という構成であった。

四重奏の煌びやかな響きとトーク、そしてクラリネットの温かい音色に幸せな気分に なった 演奏会であった。

ヴィヴァルディ;「四季」より 秋 第一楽章
ドヴォルザーク;弦楽四重奏曲 第12番「アメリカ」より第一楽章
ボロディン;弦楽四重奏曲 第二番より第三楽章「夜想曲」
木村弓 / 久石譲;映画「ハウルの動く城」より
        世界の約束〜人生のメリーゴーランド
多保孝一;愛をこめて花束を / Superfly
モーツァルト;クラリネット五重奏曲 第四楽章
(アンコール)第二楽章


■ ランチタイム名曲コンサート vol.2487
『感じてごらん、北欧の風を』
 2023(令和5)年09月14日(木)、宗次ホール(名古屋市中区栄)

上写真左から谷口氏、坂田氏、三浦氏、武市氏

夏が短く冬が長い北欧にはそろそろ秋の気配が支配してきているのだろうか。 まだまだ夏の盛りのような日本に、北欧からの爽やかな秋の空気を感じさせる 選曲であった。

大編成のオーケストラで演奏されることが多い曲を、4人の奏者が弦の響き 爽やかな透明感で抒情的に聴かせてくれて感動であった。

物語性の曲ゆえ、4人の奏者が代わる代わる曲の解説を演奏前にしてくれるのは、 改めて曲の解釈の手助けになる。特にランチタイムコンサートのように身近に クラシック音楽を親しもう的な企画では、曲の解説は難解と思われるクラシック 音楽に接し易くする助けになって良いことと思う。

(演奏者)(敬略)
ヴァイオリン;武市莉佳、谷口沙和、ヴィオラ;三浦可菜、チェロ;坂田晃子

(曲)
グリーグ作曲
「ホルベルク組曲」より1.前奏曲、5.リゴードン
「ペールギュント組曲」より1.朝、3.アニトラの踊り4.山の魔王の宮殿にて
「2つの悲しき旋律」より 2.過ぎし春

シベリウス作曲
 悲しきワルツ
「カレリア組曲」より 3.行進曲風に
「5つの小品(樹木の組曲)」より 5.樅の木

グリ―グ作曲
 弦楽四重奏曲 Op.27より 第四楽章

(アンコール)
シベリウス作曲 フィンランディア讃歌


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 掲示板 作者へメール

広告ポリシー
Last Updated  2023-09-16