ドイツ語圏 (鉄道)
No.44 ドイツ・ブロッケンへの道 機
Nr.44 Deutschland・Der Weg nach Brocken 機

■ 2017年12月28、29、31日 2018年1月1日 撮影
 ドイツ、ザクゼン=アンハルト州、HSB (ハルツ狭軌鉄道)ブロッケン線
 Sachsen-Anhalt Deutschland、HSB ( Harzer Schmalspur Bahnen ) BrockenBahn

2017年12月27日の日付替わった深夜便で日本を発ち、2018年1月3日の朝まで訪独した。

往復機中泊(2泊)、現地5泊の 、第15次訪独だった。

今回は計画が振り回された。当初の目的地はブロッケン山へのハルツ狭軌鉄道と、フランクフルト北西部ライン川周辺での01型の特別運転の撮影を予定していた。

しかし年末年始に2年続けて行っていた Dreiseenbahn (3seenbahn)の関係者に使用機関車を一応参考にと問い合わせたら、未見の形式である P8 を使うという。P8は好きな格好の機関車なので、それならばと BrockenのWernigerodeのホテルをキャンセルして、3seenbahn の撮影モードに入った。 が 出発5日前にメールで、P8が不調なので 64型に変更になる とメールが来た。かなりガッカリすると同時に、64型で Dreiseenbahn の勾配が登れるか心配になった。まさか ディーゼル機関車が補機(補助)に付くということもアリかと 嫌な予感だ。 

すると出発2日前に News letterが添付で連絡が来た。現物の News letter が来たのは出発前夜のことだ。そのニュースレターを見た瞬間、結構な絶望感が走った。Ausfall (運休) leider nicht stattfinden (残念ながら催行無し) その単語だけで全文読む気力が失せた。 

気を取り直して再度 Wernigerodeの宿予約したり、列車移動の時間を調べたりと計画の練り直しが完了したのが、出発前日。

それともう一つ。当初は Frankfurt から Lahntal を通ってからライン川右岸線南下する予定で発表されていた 01型の特別運転が、 左岸線の Boppard までの運転に変更されていた。予定の変更だけでなく、集客が悪いと運休してしまうのがドイツの特別運転なのだ。こちらも HP で毎日チェックが欠かせないのだ。ドイツに着いて、運転前日に運休と発表されたら、なすすべ無しだ。

ハルツに関しては当初の予定に戻っただけ、とも云えるが、ホテルを予約キャンセルしてしまっているから、Wernigerode で希望日のホテルが満室なため、列車で1時間半移動する Halle でのホテルを予約したりと、かなり面倒さが増した形となった。
添付写真左は、 衝撃の 3Seenbahn 蒸気機関車運休のニュースレター。

以下に Wernigerode から Schierke までの区間で撮影した写真を UP した。

( Schierke から Brocken までは ↓ )
ブロッケンへの道供ァDer Weg nach Brocken 供


トップページ 日本! (お神楽・田楽) 日本! (花祭) 日本! (雅楽・舞楽、能楽) 日本! 日本! (南北朝)
日本! (念仏・風流) 日本! (真清田神社) 日本! (オコナイ) 日本! (近江の祭・火祭) 日本! (山鹿灯籠まつり) 日本! (復活 蒸気機関車)
日本! (真野恵里菜) 中国の蒸気機関車 たけやま3.5 越天楽(Blog) 日本! (ヴァイオリニスト 谷口沙和さん)
ドイツ語圏(鉄道) ドイツ語圏(音楽・観光) ミャンマー 作者・写真集 掲示板 作者へメール

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

広告ポリシー
Last Updated  2018-03-11